R.O.ピュアウォーターの生成

「R.O.メンブレン」を利用した逆浸透により生成される水を、『R.O.ピュアウォーター』と呼びます。
『R.O.ピュアウオーター』は不純物を高度に除去した純水に近い水です。
これまで「逆浸透のメカニズム」、「R.O.メンブレン」についてご説明してきましたが、実際に「R.O.メンブレン」の中でピュアウォーターができる様子はどのようになっているのでしょうか。
水道水などが原水として「R.O.メンブレン システム」に給水されます。多くの場合、加圧ポンプなどによって指定された水圧がかけられます。

イラストのように排水量が調整されているため、原水は高い水圧で「R.O.メンブレン」押し付けられ、そこで逆浸透現象が起こります。
様々な物質が溶け込んでいる原水の内の一部の水分子だけが「R.O.メンブレン」を透過し、 『R.O.ピュアウォーター』が生成されます。
一方で原水の残りは不純物を濃縮した形で排水されます。


前のページへ戻る

ページトップへ