大切な水

aq_hitotomizu01.jpgaq_hitotomizu02.jpgaq_hitotomizu03.jpg

大切な水

私たちの体の中で水は様々な役割を担っています。 

  1. 体を構成する約60兆個にも及ぶ細胞の形態を維持します。
  2. 血液、リンパ液など体液の構成。
  3. 体内に取り入れた栄養や酸素をを各細胞に運搬する。
  4. 老廃物を溶かし込み体外へ排出する。 
  5. 体温の調節。

これらの働きのどれひとつとして生命活動を行う上でおろそかにできるものはありません。


●水分代謝

人体の60から70%は水分で構成されています。その主なものは血液、リンパ液をはじめとするさまざまな体液です。人は1日に約2から2.5リットルの水分をさまざまな形で体外に排出しています。そのため同量の水分の補給が必要となります。

こ の代謝の重要な役割は、体の各細胞に栄養の供給を円滑に行い、体内の不要になった老廃物を排出することにあります。この代謝が滞った場合、体はとても危険 な状態になります。逆に十分な水分補給とスムーズな水分代謝は血液、リンパ液などの体液の循環を促進し、体内はストレスのない健康な状態を保つことができ ます。


●コップ一杯の水の大切さ

最近、巷では血液がサラサラとか、ドロドロとかよく耳にします。それらの話の中で必ずといって良いほど出てくるのが、『水を飲みましょう』という言葉で す。人は睡眠中に多い人で500cc以上の汗をかきます。これだけ大量の水分を失った朝は、血液の濃度が上がり、流れが悪くなります。いわゆるドロドロ血 の状態です。

この状態で運動をしたりすると血管や心臓に余計なストレスがかかり、健康増進のための運動が、健康を損なう運動になりかねません。 朝起きたらコップ一杯の水を飲む、たったこれだけのことで睡眠中に失った水分の半分近くを補うことができます。一杯の水が血液の濃度を下げ、血流を正常な 状態に戻すのに役立つのです。朝、たった一杯の水の重要性、おわかりいただけたでしょうか。

hitomizu_a.jpg



前のページへ戻る

ページトップへ